青汁画像

原料によって異なる青汁の効果

深緑色をした青汁は見た目は同じであっても原料によって含有する栄養分やビタミン、ミネラルなどの成分が異なります。
成分が変われば、お勧めする人も変わってきます。
もっとも多く使われている原料は
ケール http://www.lesdessousdujeu.com/03_genryou.htmlで、
最近では大麦若葉http://www.puckineh.com/08yasai.html
明日葉http://www.stirlingalbion.com/tada.html
を使うことも増えてきました。
ゴーヤやよもぎなど他の緑黄色野菜が使われていることもありますが、この3種類について比較してみることにして、お勧めする人をあげてみます。
ケールはキャベツやブロッコリーの仲間でありヨーロッパでは家庭菜園でも作られて一般的でサラダにも使われていますが、日本ではあまりなじみはありません。
ケールは成長が早く、生命力が強いので、まとまった量が必要な青汁生産には最適な原料といえるでしょう。
ケールは緑黄色野菜の王様といわれている野菜で、特に肉食がメインで、野菜が不足している人にはビタミンやミネラルがバランスよく含まれているのでお勧めします。
特にカルシウムの量は他原材料に比べて圧倒的な含有量を誇ります。
カルシウムが豊富な牛乳の約2倍量のカルシウムを含んでいます。
ビタミンKやマグネシウムも含まれていて、カルシウムの吸収率も高くなっています。
また血圧を安定させ、コレステロールを下げる効果も大きいため高血圧の人にもお勧めします。
大麦若葉はイネ科の植物でビールの原料としても有名ですが葉の部分を使います。
アクが非常に少ないことから青汁独特の青臭さをほとんど感じないため飲みやすくなっています。
においに敏感で青汁を飲み続けるのが大変な人や初めて飲む子供にお勧めです。
http://www.topcoachingjobs.com/io.htmlにおいしい青汁レシピが載っていますので参考にしてください。
また食物繊維が特に豊富であることから便秘予防のために女性にもお勧めします。
明日葉は摘んだ翌日にはすでの芽が生えていると言われるほど生命力の高い植物で、ほとんどの栄養素はケール以上の含有量があります。
栄養素が非常に高いことに比例して飲みにくいという人も多いので、錠剤にして飲みやすくしたり、牛乳などを使って飲みやすくした方が良いかもしれません。
明日葉の成分で特筆すべき成分はカルコンというポリフェノールの一種です。
ポリフェノールは強い抗酸化作用があり、老化防止効果があることから美容業界で非常に有名ですが、カルコンはセルライトを除去するという美容効果以外にも抗ガン作用や血糖値を下げる作用があるとして近年研究が進んでいます。
また明日葉にはクマリンという成分にも注目されています。
クマリンはカルコンと同じように抗酸化作用もありますが、特にアルツハイマー型痴ほう症に効果があるとして研究されています。

原料や効果効能別比較サイトがありましたのでご覧ください。

http://konopizzacanada.com/10.html

http://www.siamarsa.org/05.html