青汁画像

青汁のもつ解毒効果について

デトックスという言葉が流行りましたが、これは体内にたまった毒素を体の外に出す解毒のことをいいます。
この毒素を体の外に排出するにはいろいろな方法がありますが、食事療法によってもこうした効果が現れるものがあります。

ひとつは毒性の働きを抑える力です。
こうした毒性を抑える力をもってるのがたまねぎやニンニクに含まれる硫黄酸化物や青物野菜に含まれるビタミンC いわしやホタテ、ねぎに含まれるセレンなどが効果的といわれています。


ふたつめは体内にある毒素を吸収して体外へ排出する機能です。
これに適しているのが食物繊維ということになります。
食物繊維の保水性、粘性、吸収性が解毒にはとても有効に効くのです。
食物繊維を多く含む食材としては梅干、大豆、干しひじき、干ししいたけ、おから、納豆、ブロッコリーに加え、青汁の原料となる明日葉などの野菜があげられます。


三つ目としては解毒作用があげられます。
これに効くのはキャベツ、ブロッコリー、カリフラワーのほかわさびなどのアブラナ科の野菜に含まれるイソチオアネートという成分が有効です。
こうした機能をもつ食品がデトックスに役立つということがいえるわけで、注目されているということです。

こうして見てきますと、http://xn--qev01m8oeln2c.com/fujyun.htmlにも書いてあるように青汁の中に含まれる物質がかなりこうした機能を網羅していることがわかります。
つまり、体への毒性を抑えてくれ、体外に排出する機能をもっており、さらにデトックス作用もあるということになります。
これが青汁の大きな価値になっているというわけです。
したがって定期的に飲用していけば体が内側から綺麗になっていき、余分なものをすっきり排出してくれることから健康な体をとりもどし、維持することに大きな役割を果たしてくれることがわかります。http://www.freesites.ws/ket.html

特に大量に含まれている食物繊維は大きな効果を発揮してくれることになり、宿便を取り除き血流、血行をよくしてくれる効果だけとってみてもかなりのデトックスになるというわけです。
こうした効果は薬ではないためはっきりと明示することはできませんが、青汁には食品として解毒をおこなってくれる殆どの効果が備わっていることがわかります。
また栄養機能食品として登録されているこうした商品には実際に含まれる栄養素が明らかにされていますので、内容を事前にチェックすることでより効果的に利用することが可能です。
こうした機能をうまく使いこなすことで、とにかく健康が長く持続できる体づくりをしていくことができれば一番です。
青汁ダイエットという言葉をどこかで耳にしたことがある方は多いと思います。
そんな青汁ダイエットで期待できる効果についてまとめてあるサイトがありました。
http://www.fileencryption.org/kin.html

どうぞご覧ください。